お盆休み最後の事件。

今日は長めに、ちょっとした事件のお話しです。








今週一週間お盆休みだった旦那さん。
朝、ちょっと遅めにちょこと銀太のお散歩に出て
なんだか真っ青な顔をして帰って来ました。



「なんか俺、変な物見つけちゃったかも・・・」



・・・ん?


聞くと、いつもの公園に行ったら
茂みに何か埋まっていて
なんかもしかしたら、死体、とかかも・・・
と言うのです。



えぇぇぇーーーっ!!??
(公園で犬の散歩をしている人がそういう第一発見者になるっていうのはよく聞く話しですし)












ちょこ銀がニオイを嗅ぎに近寄ろうとしたから、ちゃんと見れずに帰って来たとの事で
いゃいゃいゃ、それは警察に通報しなきゃマズいでしょう、と思ったのですが
でも本当に何だかよく分からない、変なもの、と言うのです。
なので2人で現場を見に行く事に。










そこは公園の入り口から真っ直ぐ30メートルくらい入ったところから
ちょっとだけ脇に逸れた道の茂み。
でも、大広場からすぐ目と鼻の先で、決して人目につかない場所ではなく。
ちょっと離れたところからでも、その茂みに何かあるのがすぐに分かりました。



その茂みの一カ所だけ、1メートル幅くらいに土が掘られてまた埋められたような跡があって
その真ん中に、トイレットペーパーみたいな白いものが散乱していて
そして更にその中央に、土の中から何か一部盛り上がって突出している
「何か」。
色は赤褐色で、気持ち悪い、という印象を受けましたが
何の臭いもせず、そんなに虫が集っているわけでもなく
「なんだかよくわからない」、というのが、一番正しい表現でした。
なので勇気を出して、ちょっと軽~く枝で突いてみたら
気持ち悪いくらい、ブヨブヨ
もし本当に死体だったら、いじっちゃいけないだろうし
でも全然死体でもなんでもなく、植物の根っことかただのゴミとかだったら
通報するのもなぁ・・・と、なんとも悩みどころ。

でも私の病院の予約時間が迫っていたので
とりあえず現場をそのままに、一旦家に帰りました。





そして夕方。
ちょこ銀といつものドッグランに行く前にまた見に行ったら
朝と変わらずその「何か」はそのままそこにあって。
やっぱり気になるし、なんだか怖いし、と
ドッグランのみなさんに相談したところ
じゃあみんなで見てみよう!という事になりました。
さらに、職業が消防士さんというなんとも頼もしい方がいらっしゃって
わんこと人間4~5人でぞろぞろ現場へ向かいました。
(やっぱり頼れるドッグラン仲間!!










そしてみんなで現場を見て話し合った結果
110番をしよう、と言う事になり。
というのも、職業上、ご遺体とかを見ている消防士さんが
「うーん、何とも言い難いなぁ、人間っぽい感じもするし、何だろうなぁ」と。
しかもトイレットペーパーだと思っていた周りに散乱していた白い物は
破れたビニール袋の破片。
明らかに、誰かが何かを袋に入れて土の中に埋めた、という状況ですが
その何かが全く見当がつかないのです。
(どちらかと言うと人間の死体っぽい、という意見多数




そして110番。
110番なんてそんなしょっちゅうするものじゃないので、
ドキドキしながら応答を待つと
「事件ですか?事故ですか?」とオペレーターのお姉さんの声。
ぇーっと・・・事件???かどうかすらまだ分からないけれど・・・とちょっと戸惑いながら
「公園に何か変な物が埋まっているのを発見したのですが・・・」と言うと
「何が埋まっているんですか?」とお姉さん。
「何だかよく分からないのですが、なんか死体のようなもので・・・」と言うと
「えぇっっーー?!!死体ですかっっ?!!」とすごくびっくりされて 
「いや、分かりませんよ、動物だか人間だか何だか分かりませんが、
何かの死体のような変なものが埋められていて・・・」と言うと
「えーーっ!えっとじゃあすぐに警察官を向かわせますのでっっ!そこで待っている事はできますか??あの、警官が到着するまでそこで動かず待っていて頂けますかっ??」
と、とても親身なんだけれども妙に慌てふためくオペレーターのお姉さん
それから詳しい公園の場所を伝えて、待つ事5分ほど。


てっきり制服のお巡りさんが来るのかと思っていたのですが
足早にやって来たのは敏腕そうな私服刑事さんと、鑑識のようなジャケットを着た専門家っぽい刑事さん2名。
一気にそれっぽい雰囲気になって、
不謹慎ですけれども、なんだかみんな、ドキドキそわそわ。
そして現場を見た刑事さんが、これはマズいぞ、みたいな顔と雰囲気を醸し出すので
もうみんな、真っ青。
後からさらに駆けつけて下さった制服の警察官に
通報者の私が名前・住所・生年月日・発見時刻と状況を聞かれ。
いよいよ、第一発見者に?!みたいな状況になってしまって。







(コラコラ。)






「またお話し聞くかもしれないので、暫くここにいて頂けますか?」とのことで
通り過ぎるわんこにちょっかいを出そうとする銀太を抑えながら
ドッグランで遊び足りない不満そうなちょこをなだめつつ
ピヨ子に何度も虫除けスプレーをして
20分くらいでしょうか、
刑事さん達が少しづつ埋まっているものを掘り出して
すると辺りに悪臭が立ち込めて。
それから不安そうにしていた私達の元へ
茂みの中であちこち蚊に刺されてしまった敏腕そうな刑事さんが
蚊にさされなんて物ともせずに、こちらへやってきました。




「たぶんねー大きなモルモットとかウサギとか、そういったものだと思います、
犬とか猫だったらもっと手足がちゃんと分かるんでね、いずれにせよ動物の死骸でしょうね」とのこと。



誰がなんでそんなところに埋めたのかは分かりませんが
一先ず人間の死体じゃなくってみんな胸をなで下ろし
それでも動物だったってことで、なんとなーく胸が痛いまま
みなさんにお礼を言って、解散となりました。












とっても親身に対応してくださった警察の方々と
すごく頼りになったドッグランのみなさんに感謝して
お騒がせしてしまって、なんだか申し訳なかったですけども
みんなでお家に帰りました。
(*ペットや動物の死骸を公園等公共の場に埋葬するのは法律で禁止されているそうです)





ちょこちゃん銀ちゃんも、
お付き合い有り難うね。
亡くなった動物さんのご冥福、お祈りします。







↓ぽちっとお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

chokococona

Author:chokococona
<ちょこ>
スタンダードプードル(レッド)の女の子。
2013年4月に、2歳半で我が家へやってきました。
ボールと鶏肉が大好きで、人間だったらたぶんO型な感じのわんこ。べったべたの甘えん坊です。

<銀太>
スタンダードプードル(シルバー)の男の子。
2014年12月に、1歳ちょっとでわが家にやってきました。
やんちゃだけど甘えん坊で、人間大好きなわんこです。

<ピヨ子>
2015年9月25日生まれの人間の赤ちゃん☆
ちょこと銀太の妹です。

Welcome
Blog Ranking
ランキングに参加しています☆ どうぞぽちっと押して下さい↓

Latest journals
Latest comments
Category
Search form
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR